人気ブログランキング |

介護職員処遇改善・介護職員等特定処遇改善について

介護職員処遇改善・介護職員等特定処遇改善について

社会福祉法人 播陽灘  平成30年度介護処遇手当(変更)*今年度の4月、5月の運営状況により確定

平成30年6月分給与より平成31年5月分給与)のお知らせ


◆介護処遇手当の考え方

毎月の介護給付費(売上)に応じた固定のパーセンテージで介護職員処遇改善加算総額が決定します。この介護職員処遇改善加算総額というのは、介護職員の処遇改善に使われます。介護職員の昇給額+昇給による賞与増額分+介護処遇手当(Ⅰ.役割と勤務時間別手当 Ⅱ.勤務別手当)+介護処遇手当により、雇用保険料、健康保険料、厚生年金保険料、労災保険料、一般拠出金など事業主負担分の増額分に当てられます。年間の介護職員処遇改善加算総額が上記に当てられた合計額よりも最終残った場合、一時金として残金すべて、介護職員に支払われます。月の介護給付費(売上)が減少し、介護職員処遇改善加算総額が減った場合、年度途中で介護処遇手当(Ⅰ.役割と勤務時間別手当 Ⅱ.勤務別手当)の額を変更することとなります。

Ⅰ.役割と勤務時間別手当

*各従業員の週の稼働時間を計算し、下表に当てはめ支給します。

ユニットリーダー         介護職員

40H 18,000円      16,000円

35H 15,750円      14,000円

30H 13,500円      12,000円

25H 11,250円      10,000円

20H  9,000円       8,000円

15H  6,750円       6,000円

10H  4,500円       4,000円

 5H  2,250円       2,000円

 1H    450円         400円

例)週30時間のように時間ぴったりの場合は、介護職員でいうと12,000円を支給することになります。5時間刻みの間の時間 週16時間のような場合は6,000円ではなく、その上段の金額8,000円を支給します。

Ⅱ.勤務別手当

 *月の各介護職員勤務数(早出・遅出・土曜・日曜・祝日の合計回数)に365円を掛けて、月の勤務別手当を出す。 (365円×合計回数=勤務別手当)



◆介護職員等特定処遇改善の考え方

 *「経験・技能のある介護職員(A)」の基準設定の考え方については、介護福祉士資格を有し、勤続年数が10年以上の介護職員(他法人での勤続年数を含む) 尚、特別養護老人ホーム いやさか苑は平成23年、小規模多機能ホーム、グループホームについては、平成28年に開設し他法人での勤続年数を通算しても10年以上の者がいないため、「経験・技能のある介護職員(A)」の設定を、管理者クラス①のものとする。 特定処遇改善加算手当 月額25,000円支給する。

 *「他の介護職員(B)」については、看護、介護リーダー、総務リーダーを設定する。 特定処遇改善加算手当 月額8,000円とする。                          *「その他の職種(C)」については、無期雇用常勤者を設定する。 特定処遇改善加算手当 月額2,500円とする。(A)は年収440万円レベルに合わせ、(B)、(C)は人数割合から捻出した。 

      (A)施設が認めた施設管理者クラス・・・・・・25,000円

      (B)施設が認めた介護リーダークラス・・・・・・8,000円

      (C)無期契約社員-・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,500円     

                                                                                             以上



by iyasakaen | 2020-04-13 16:40 | 処遇改善・特定処遇改善